Can-doリスト

Can-doリストとは、本校の外国語科が生徒の皆さんにつけたい力を、どのような道筋でつけていくかを示したものです。

Latest Sakado CAN-DO List.pdf

外国語科とは

 

クラス編成
各学年 1クラス 40名(クラス替えはありません

3年間でお互いを認め合い助け合える、団結力のあるクラスになっていきます。

イングリッシュ・セミナーなど外国語科だけの行事もいろいろあります。

外国語科の生徒は英語が好きであることはもちろんですが、入学後に外国語を学んで、自ら積極的にコミュニケーションをとれるようになりたいと希望する生徒が多いです。

 

教育課程

・3年間の学習の約3分の1が英語・第二外国語等の科目です。

国語・社会は普通科と同じ単位数です。

 英語関係の科目は28単位(普通科の1.4) 豊富な英語の学習量により、大学受験に対しても有利です。

・国公立大学受験(主に文系)にも対応しているカリキュラムとなっています。

・外国語科には、「英語表現」「異文化理解」「時事英語」といった専門科目があり、少人数クラス(1クラス10数名~20名程度)でALT(外国人指導助手。本校は2名配置校)とのティームティーチングを数多く取り入れて指導しています。

・リスニング力、論理的な文章力の育成など、大学受験にも活かされる指導内容です。

・第二外国語は日本人教師の指導を基本に、一部外国人講師を招いて授業を実施しています。

 フランス語・ドイツ語・スペイン語・中国語(2・3年生で週2単位ずつ)

 

■卒業後の進学先  

・外国語学部や国際関係の学部に進学する生徒は全体の4割程度です。外国語科で語学力 を磨き、国際的な視野が広がるさまざまな経験を基礎として、さまざまな分野の学部・

 学科へ進学しています。

 <主な進学先>

 埼玉大学、埼玉県立大学、慶應大学、立教大学、青山学院大学、津田塾大学、獨協大学、

 東洋大学、神田外語大学、清泉女子大学、文教大学、昭和女子大学、東京家政大学、

 ハワイ州コミュニティカレッジ 他

 

外国語科の特徴を1分で紹介します。


印刷用のページはこちら