サッカー部 紹介

 

      埼玉県立坂戸高等学校サッカー部

 

     As  melhores  táticas   são  a

               "amizade"

    (最高の戦術は「友情」)

坂戸高校内撮影

 

 

創部   :1971

部員数:63名(選手59名 マネージャー4名)※2020年7月現在


主将:杉浦 颯太(3年)  川越・山田中学校

副将:田口 雄大(3年)  鳩山・鳩山中学校
   三上 滉太(3年)  坂戸・住吉中学校
   長嶋 龍 (3年)  坂戸・住吉中学校
   


スタッフ:

監督      :大久保 亮祐(日本サッカー協会公認B級ライセンス・日本審判協会公認3級審判員)

部長      :藤本 午郎 (日本審判協会公認4級審判員)

コーチ       :飯森 博之

コーチ     :石澤 俊介

トレーナー   :本橋 倖晟 (柔道整復師(さつき整骨院所属))

GKアドバイザー  :菊池 治  (元NTT関東サッカー部所属(現大宮アルディージャ))  


活動日(基本スケジュール):
月:セルフ(OFF・自主練習・リカバリー)
火:TR(個人技能・個人戦術・筋力TR・有酸素TR)
水:TR(ゲームTR・集団技能・集団戦術・無酸素TR)
木:TR(フィジカルTR・ポジションTR)
金:TR(ゲームTR・セットプレー)
土:公式戦またはTRM
日:公式戦またはTRM(シーズンによってはOFFになる場合もあり)
 
※平日の活動時間:16:30~19:10(準備・片付け・W-UP・C-DOWNを含む)
※祝日には練習試合、公式戦が入ることがあります。


 主な年間活動スケジュール:
   4月:U-18サッカーリーグ(4月~10月)・関東大会県予選
   5月:インターハイ西部地区予選
   6月:インターハイ県予選
   7月:U-16サッカーリーグ(7月~11月)・夏季校外合宿・夏季サッカーフェスティバル
   8月:夏季サッカーフェスティバル・全国高校サッカー選手権大会埼玉県大会1次予選
   9月:U-18サッカーリーグ・U-16サッカーリーグ
 10月:全国高校サッカー選手権大会埼玉県大会決勝トーナメント
 11月:全国高校サッカー選手権大会埼玉県大会決勝トーナメント
 12月:冬季サッカーフェスティバル
   1月:初蹴り(OB・OG会)・西部地区新人サッカー大会
   2月:埼玉県新人サッカー大会
   3月:春季サッカーフェステイバル(校外合宿)・卒業生を送る会(卒部式)
 

活動方針:
〇サッカーを通して、自己実現(心身の成長の実感・目標の達成・教科学習との両立)を図る。
〇高校卒業後、競技・生涯スポーツ問わず、サッカーを継続する選手、指導者を育成する。
〇高校サッカーの価値を高めることに寄与し、全国高校サッカー選手権埼玉県大会において上位進出を目指す。


主な大会成績(全国高校サッカー選手権大会埼玉県大会)
2006年 全国高校サッカー選手権大会埼玉県2次予選会進出
2008年 全国高校サッカー選手権大会埼玉県2次予選会進出
2010年 全国高校サッカー選手権大会埼玉県2次予選会進出
2013年 全国高校サッカー選手権大会決勝トーナメント進出(ベスト47
2018年 全国高校サッカー選手権大会決勝トーナメント進出(ベスト52
2019年 全国高校サッカー選手権大会決勝トーナメント進出(ベスト52)
2020年 全国高校サッカー選手権大会決勝トーナメント進出(ベスト52)


〇チームウエアスクールカラー)
〇公式ユニフォーム:正:FP(青/黄(縦縞)・青・青)    GK(緑・緑・緑)      
             副:FP(白/(縦縞)・黒・灰)   GK(ピンク・ピンク・ピンク)

サッカー部 活動報告

サッカー部

活動報告(サッカー部)

令和2年度 サッカー部3年生活動終了について

 

先日の10月11日(日)の選手権決勝トーナメントをもって、令和2年度坂戸高校サッカー部3年生の、高校サッカーでの活動は終了となりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


                10.11選手権決勝トーナメント1回戦参加メンバー

 

〇大会結果

令和元年度 西部支部新人サッカー大会

 2回戦:VS志木高校(3-0)

 3回戦:VS朝霞西高校(0-4)

 西部支部ベスト16

 

U-18埼玉県ユースリーグ西部支部2部リーグ

 中止

 

令和2年度 学校総体兼高校総体西部支部予選

 中止

 

令和2年度 第99回全国高等学校サッカー選手権大会埼玉県大会1次予選

 2回戦:VS羽生第一(1-0)

代表決定戦:VS進修館高校(1-1・PK5-4)

 同大会Qブロック代表

 

同 決勝トーナメント

 1回戦:VS越谷西高校(0-4)

 埼玉県大会ベスト52(参加校169校)

 

 通算成績5戦・3勝2敗(得点5・失点9)

 

現3年生は、活動期間中のすべての選手権で、決勝トーナメントに進出をした学年となりました。1年生時は多くがチームのサポートで参加し、2年生時はサポートだけでなく、選手としても参加し、3年生時は文字通り、チームの中心となって、高校サッカー選手にとって最大の大会である選手権に参加しました。その3年間の中では、様々なことがありました。時を追うごとに、部員がチームを去ることや、学生であるが故、学習とスポーツの両立に悩まされることもありました。追い打ちをかけるように、感染症拡大防止対策による休校措置・部活動自粛によって、大切な時間を失いました。また、その影響で、同学年のサッカー部の仲間が数名、チームを去りました。部活動が再開されても、思うように体が動かないことや、トレーニングに体がついてこないというジレンマにも悩まされました。

しかし、10人の選手と1人のマネージャーは、大好きなサッカー、大好きな仲間から離れず、充実した高校サッカーライフを獲得することに懸け、最後までやり遂げました。新チーム立ち上げの際に掲げた、「高校サッカー選手権埼玉県大会ベスト16進出」という目標は達成できませんでしたが、目標を達成するため、最後まで諦めず、全力でプレーした3年生の姿を忘れることはありません。今一度、彼らの健闘を報告し、讃えます。

3年生は、高校サッカー選手としては一区切りとなりました。これからは残り少ない高校生活で進路に向けて、また、卒業後の新たなサッカーライフに向かって走っていくでしょう。

高校サッカーを最後までやりきった者は、「力」を獲得します。それは、自分自身の優先順位が変わっても、何事にも通用する「力」です。11人の3年生が、その「力」を原動力にして、それぞれの、新たな目標に向かって疾走することを確信しています。

最後に、3年生保護者の皆様におかれましては、多大なるご協力、ご支援を頂きました。皆様のお陰で、3年生は最後まで高校サッカーを続けることができました。多くの経験をさせて頂いたことが、彼らの今後の人生に生かされることを祈願しています。本当にありがとうございました。

















     「最高の戦術は、「11人」の友情」

悔しくて、悲しくて、寂しくて、泣いた後。

この仲間、この笑顔が「たからもの」。

最後まで一生懸命プレーしてくれて、本当にありがとう。

 

0
カウンタ
1 1 6 8 9