芸術祭2020

カテゴリ:ニュース

海外日本語教師(日本語国際センター)訪問

 1月26日(月)、独立行政法人国際交流基金日本語国際センターで研修中の海外日本語教師の方々26名(14か国・地域 ※1 )が本校を訪問しました。
 ※韓国、台湾、インドネシア、タイ、フィリピン、ベトナム、マレーシア、ミャンマー、インド、ネパール、ブラジル、ウズベキスタン、ロシア、イラン  
   (大学教員等)

 日本語教師の方々には授業や校内施設の見学、本校職員との懇談、生徒との交流会、部活動の見学などをしていただきました。一度にこれだけ多くの国・地域から外国のお客様を迎えるのは本校にとってはめったにないことで、交流会に参加した生徒たちは、それぞれの国の紹介を聞いて質問をしたり、自分の高校生活について話したりして交流を深めていました。


  

3年生学年集会(センター試験出陣式)

 1月8日(木)、始業式後に各学年に分かれて学年集会を行いました。
 3年生はこれからいよいよセンター試験、そしてその後に続く個別試験を迎えますが、この日の学年集会は3年生全員が一丸となって士気を高め、最後まであきらめずに自分の目標を達成することを誓う、さながら「出陣式」のような雰囲気の中、校長、学年主任、各担任より激励のメッセージが贈られました。

第3学期始業式・表彰式・壮行会

 1月8日(木)、第3学期が始まり、始業式が行われました。今年一年間の目標を持つと同時に、3年生は卒業と4月以降の進路実現に向けて、1・2年生は上級学年への進級に向けての「0学期」として、それぞれが着実な準備と努力を積み重ね、しっかりとした締めくくりができるよう期待しています。
 また、始業式後に部活動の表彰式が行われました。
 美術部は昨年12月に行われた県高校美術展で上位入賞を果たし、今年の夏の全国高等学校総合文化祭に埼玉県代表として出品が決まった1年川又麻由さん(作品名「紅一点」)他4名の入賞生徒が表彰されました。
 写真部は3年森直樹くんの作品(作品名「驀進」)が1月31日(土)に山梨県で行われる第21回関東地区高等学校写真展の出展作品に選ばれ、壮行会が行われました。

 

第2学期終業式

12月22日(月)、第2学期終業式が行われました。校長講話、生徒指導主任と進路指導主事の講話があり、最後は校歌斉唱で締めくくられました。45分授業のため、2学期が8月25日(月)から始まっている本校としては、2学期はダンシングコンクールとやなぎ祭(文化祭)に始まり、修学旅行やロードレース大会も行われた、4か月近い長丁場でした。1・2年生については学習の基礎固め、3年生はセンター試験も迫り、それぞれが冬休みを有意義に過ごしてくれることを願っています。

埼玉県公立高校海外派遣プログラム(報告)

 外国語科2年生の福田晶映さんが「埼玉県公立高校海外派遣プログラム」の派遣生徒に選ばれ、昨年11月14日から11月23日の10日間、アメリカ合衆国(ニューヨーク市・ボストン市)に派遣されました。このプログラムは県内の公立高校で選抜された50名の生徒が2つのグループに分かれて、世界トップレベルの大学であるMIT(マサチューセッツ工科大学)・ハーバード大学の授業を体験したり、ニューヨークで国連やエンパイアステートビルの見学をする等、将来のグローバルリーダーとして国際的な視野を広げる内容となっています。
 2学期の終業式後に、福田さんは全校生徒を前に10日間の現地研修で感じたことや他校の派遣生徒との交流、プログラムを通して得られたさまざまな成果について報告してくれました。

ロードレース大会

11月20日(木)、平成26年度第44回ロードレース大会を開催しました。まずまずの天候のもと、学校の近くにある越辺川周辺のコースで、男子は11.2Km、女子は8.0Kmを走りました。沿道から地域の方々などの声援を受けながら、生徒たちはそれぞれに限界に挑戦し、頑張って走りぬきました。

11月22日(土)学校説明会(外国語科特集)開催!

本校では、11月22日(土)10時より学校説明会を開催します。全体会(概要説明、学校紹介DVD、入試説明、施設見学等)につづき、11月は第2部として外国語科特集(希望者対象)を予定しています。外国語科棟で2名のALTとのティーム・ティーチングも行います。英語が好きな中学3年生のみなさん、本校で外国語科の特色ある授業、外語生徒・ALTとの交流など、実際に目で見て坂高の外語を”体験”してください。



第1回PTA進路講演会

 11月1日(土)に第1回PTA進路講演会を実施しました。当日は、各学年の課題を踏まえて講演会を行い、学年からの情報提供や今後の指導について説明を行いました。
 1学年 講演「進路指導の取り組み」(本校進路指導主事)、学年報告
 2学年 講演「2年生から考える大学受験」(駿台予備校)、修学旅行報告 他
 3学年 講演「希望大学合格に向けて」(河合塾)、進路指導関係

「ビブリオバトル大会」に参加しました

 10月4日(土)、埼玉県の「彩の国 高校生ビブリオバトル2014」がさいたま文学館で行われ、本校では以下のとおり代表2名が参加しました。

   1年 田中篤   (作品名:「悪の教典」貴志祐介)

   1年  長澤梨亜 (作品名:「いちご同盟」三田誠広)

 「ビブリオバトル」は書評合戦で、発表者は自分が読んで面白いと思った本を聴衆の前で紹介し、その内容について参加者全員でディスカッション(質疑等)を行った後に投票を行い、最多票を集めたものを「チャンプ本」とする、というものです。

 本校では、今年度から3年間、埼玉県の「学校進学力パートナーシップ推進事業」指定校となり、1年生の総合的な学習の時間等を活用し、読書活動の推進とプレゼンテーション能力の向上に取り組んでいます。2学期は各クラスでのビブリオバトル、1学年のビブリオバトル大会を経て、2名の代表が県大会に出場しました。

  本校では、今後もこのような思考力や表現力を伸ばす取組を進めていきたいと考えています。


 

 

第42回やなぎ祭を開催しました

  8月30日(土)、31日(日)に第42回やなぎ祭(今年のテーマは「坂高革命(仮)」)を開催しました。天候にも恵まれ、来場者数も昨年を大きく上回り、2日間で3500名を超えるお客様に、各クラスの発表や部活動等の日頃の活動の成果をご覧いただくことができました。また、今年は実行委員会の装飾班に美術部員が入り、巨大なオブジェ(ライオン・ドラゴン・コブラを合体させ、「三兎(学業・部活動・学校行事)」を追い、将来へ飛躍する坂高生の姿を象徴した想像上の獣「キメラ」)を制作し、正門を飾りました。期間中は多くの来場者が「記念撮影」をする姿が見られました。

学校公開講座を実施しました

 本校では夏休み中に一般の方々を対象とした学校公開講座を5講座(「Let It Go を歌おう」・「英語の発音」・「夏休みわくわくサイエンス講座」・「淡墨の美・作品構成について」・「地域の歴史を学ぶ」)実施しました。
 本校職員が講師となり、地域の小学生から成人の方まで幅広く参加していただき、楽しく充実した講座を実施することができました。

 「Let It Go を歌おう」             「わくわくサイエンス講座」

 また、埼玉県の生涯学習のマスコット「マナビィ」も本校に来校し、参加してくれました。
 ◎ 埼玉県ホームページ 「 マナビィが行く! ~坂戸高校編~ 」
 http://www.pref.saitama.lg.jp/site/station/manabee-go-go-260801.html
 

やなぎ祭の準備が進んでいます

 本校では8月30日(土)、31日(日)に第42回やなぎ祭(テーマ「坂高革命(仮)」)を開催します。生徒は、夏休み中も展示や発表の準備を進めています。今年度の正門アーチは実行委員会が美術部に依頼して制作が進んでいます。巨大な想像獣(想像上の生き物)がご来場の皆様をお迎えする予定です。完成までどうぞご期待ください。

サイエンス講座を実施しました

7月29日(火)、本校化学実験室において中学生・保護者を対象とした「夏休みわくわくサイエンス講座」を実施しました。爆鳴気、発光アクセサリー作製、青いフラスコの実験、サイエンスマジックなどを行いました。「中学校ではできないような実験ができて楽しかった。」「夏休みの宿題に生かしたい。」などの感想をいただきました。

オーストラリア研修

 オーストラリア研修団は7月22日に日本を出発し、クィーンズランド州のシャロームカレッジ(Shalom College)でホームステイをしながら、授業体験や交流活動を行っています。15名の参加生徒はシャロームの生徒たちから歓迎を受け、ソーラン節を披露しました。

オーストラリア海外研修に出発しました

 7月22日(火)、本校のオーストラリア海外研修に参加する生徒15名(1年生8名、2年生7名)がオーストラリア・クィーンズランド州バンダバーグ市にある中高一貫の姉妹校シャローム・カレッジ(Shalom College)に向けて、元気よく成田空港を出発しました。
 生徒たちは11日間、ホームステイをしながら、姉妹校での授業体験やさまざまな交流事業を行う予定です。

外務省「高校講座」を実施しました

 7月17日(木)、外国語科生徒(全学年)及び今年度のオーストラリア研修参加生徒を対象として、外務省「高校講座」を実施しました。
 本校ではオーストラリア研修の他にも海外からの留学生受け入れや修学旅行・視察団等の受け入れ、外国人留学生との交流事業など、国際交流を活発に行っています。
 今回は、外務省大臣官房人物交流室の二木 孝(ふたぎ たかし)氏に「これからの国際交流にもとめられるもの」と題して講演していただきました。二木さんはフランス語圏を中心に在外勤務7回、これまでの訪問国は54か国という大変経験豊富な外交官で、講演ではさまざまなエピソードを交えながら、失敗を恐れず、挫折を乗り越えて夢を実現することの尊さや、これからの日本人にとって大切なことは何か、等についてお話しいただきました。

オーストラリア研修出発間近です

 7月12日(土)、オーストラリア研修(クィーンズランド州バンダバーグ市)に参加する生徒の第2回保護者会を開催しました。
 参加生徒15名は、4月末からこれまでに10回(毎回3時間程度)の事前研修を行い、英語でのコミュニケーション能力の向上を図るとともに、オーストラリアについて学んだり、日本の歴史や文化を紹介する準備を進めてきました。この日は会の最後に、研修団の生徒たちによるソーラン節と日本の文化等を英語で紹介するプレゼンテーションが保護者の前で披露されました。
 7月22日(火)から11日間の研修旅行で、姉妹校Shalom Collegeの皆さんと充実した交流を行ってほしいと願っています。

体育祭を実施しました

 5月29日(木)、真夏を思わせる快晴の空のもと、第44回体育祭を実施しました。当日は御来賓をはじめ450名程の保護者の方々に御来校いただきました。生徒は、団体縄跳び(大縄)、クラス対抗のリレー等さまざまな種目でクラスメートから熱い声援を受けながら全力を出し切り、大変盛り上がった体育祭となりました。

 

授業公開・保護者懇談会を実施しました


 5月24日(土)は、授業日として保護者に5時間目の授業を公開しました。また、終了後には各ホームルームで保護者懇談会を実施し、学校生活の様子や本校の学習指導・進路指導・部活動等について担任から説明し、保護者と懇談を行いました。
当日は午後、PTA・後援会総会も行われ、約500名の保護者の方々にご来校いただきました。

生徒手帳をリニューアルしました

  本校では今年度、生徒手帳をリニューアルし、全学年に配布しました(写真は1年生用)。これは、生徒が授業を基本として、毎日の予習・復習などの自主学習や、定期考査や模試などに向けての準備や結果を記録し、振り返り、自ら考えて自分の「時間管理」をするためのオリジナル手帳です。