科学部 活動報告

科学部

卒部式

執筆:科学部1年 吉田舞玲

 

3月13日(水)に卒部式、3月14日(木)、卒業式がありました。卒部式では、溶液あてゲームなどをして楽しみました。また、3年生の最後の実験として、株式会社 OTOGINOが販売する実験キット「マジック桜」を使った実験をやりました。この実験では、樹木の形にカットした紙を皿に置き、そこに酢酸ナトリウムの水溶液を注いで放置します。すると水溶液が毛細管現象により浸透・上昇していき、枝の先端で水が蒸発して酢酸ナトリウムが桜の花のように結晶化します。無事、満開の桜が咲きました。

3年生の先輩方、ご卒業おめでとうございます。本当にありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

跳ねるボールの動画解析を行いました!

執筆:科学部1年 奥村悠

 3月20日、坂戸高等学校にて越生高等学校で物理を担当している小林先生を講師にお招きして、動画解析について講義していただきました。

私たちで実験装置を組み立てて実験を行い、時間によって変化するボールの高さ、速度、加速度について数値化しグラフを作成しました。実験自体は簡単なものでしたが、その動画の解析はかなり難しいもので、私たちで協力しあったり、サポートに来ていただいた越生高等学校2年生のアドバイスをいただいたりして、パソコンでのデータ処理に取り組みました。完成したグラフはとても綺麗で、実際の動きと重ね合わせて考えてみるとボールがどのように動いているのかがよくわかりました。

物の運動は数値で表すことでより深く理解ができることや、動画解析の方法を学ぶことが出来ました。これらの学んだことを今後の活動に生かしていきたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

電気化学実験を行いました!

執筆:科学部2年 障子口蒼

 

3月21日(木)、大妻嵐山高校にて理科を担当している鈴木先生に電気化学についての講義と実験をしていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1つ目として、ポテンショスタット・ガルバノスタットという、とても正確に電流・電圧を送ったり測定したりすることの出来る装置を使いました。水酸化ナトリウム水溶液と塩酸の電気分解の電圧・電流を測る簡単な実験を行い、ポテンショスタット・ガルバノスタットの大まかな使い方について学びました。この装置は中学校までに使用していた電流計・電圧計と違い、ボタンやレバーがたくさんあったり、さらに電極が4つも付いていたりして、使い方を学ぶのにとても苦戦しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2つ目として、大妻嵐山高校で全国大会へ進んだ研究の体験をさせていただきました。これは青いフラスコの実験というメチレンブルーの酸化還元反応の応用のようなもので、作った溶液に色のついたレーザーを当てることで、光による酸化還元反応が起こるといったものでした。レーザーが通ったところだけ色が変化するため、溶液に色々な絵を描いて楽しみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新しい精密機器の使い方や、全国大会まで進んだ研究について知れたことは、科学部での研究の視野を広げてくれるものとなりました。これらを、今後の研究に活かしていきたいです。

藍の葉を育て始めました

執筆:科学部2年 奥村悠

  3月16日、藍の葉の種植えを行いました。科学部で水やりなどの世話をしていきます。成長した藍の葉は、たたき染めの実験などに使用する予定です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

追記

3月末に芽が出ました!現在、順調に成長中です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3Dプリンターを使ってみました!

執筆:科学部2年 障子口蒼

 

今回は12月21日(木)、3月6日(水)、8日(金)の3回にわたり坂戸高校で地学を担当している小暮先生に3Dプリンターの使い方のレクチャーをしていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1回目はデザインスパークメカニカルというアプリを用いて、印刷するデータの作り方を学びました。2回目はスライサーというものを使って、3Dのデータを3Dプリンターで印刷できるようにしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3回目は3Dプリンターの使い方を学び、実際に自分たちで印刷を行いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アプリの機能や機械の設定が多くて難しかったり、上手く印刷できない人もいたりしましたが、皆で協力しながら1人1作品作ることができました。3Dプリンターは上手く使えば便利なものを作ることができるので、様々な作品を作っていきたいです。