さかこうニュース

さかこうニュース

修学旅行だより6 入市式

 11月24日(日)午後5時25分、グスクロード公園(南条市)に到着し、赤池さんの司会で入市式を行いました。冒頭の歓迎の踊りに生徒も飛び入りし、会場は暖かな雰囲気に溢れました。続いて、学校代表挨拶を申し上げました。さらに修学旅行委員長若林さんが生徒代表挨拶をし、民家代表の御挨拶をいただきました。諸連絡の後、各民家に向かいました。どうか3日間よろしくお願いいたします。

 

 

0

修学旅行だより5 首里城公園(守礼の門)

 11月24日(日)、午後3時30分過ぎ、首里城公園に到着しました。クラスごとに守礼の門の前で、集合写真を撮影しました。ここからは、火災被害の様子は確認できませんが、復興を祈りたいと思います。その後、生徒の皆さんは、お土産売り場で、アイスクリーム休憩中です。

 

0

修学旅行だより4 那覇空港到着

 11月24日(日)午後2時20分、予定より10分早く那覇空港に無事到着しました。この後、グラスごとにバスで首里城公園に向かい、守礼の門でクラス集合写真を撮影します。

 

0

修学旅行だより3 第一日お昼御飯

 11月24日(日)正午を過ぎ、機内では、生徒の皆さんは、用意してきたお昼御飯を食べています。羽田空港では、離陸待ちが20分ほどありましたが、那覇空港到着は予定どおりの午後2時30分です。

雲海

0

修学旅行だより2 搭乗手続き

 11月24日(日)午前10時半過ぎには、全員無事搭乗手続きも終えました。羽田空港沖合いにも青空が広がってきました。飛行機ANA 471便は、搭乗口が58番から61番に変更されましたが、予定どおり午前11時30分の出発です。

 

0

修学旅行だより1 羽田空港集合

 11月24日(日)、集合時刻の午前10時、羽田空港第二ターミナルに全員無事集合しました。

 全体会で、引率責任者挨拶、添乗員紹介、諸注意があり、担任から搭乗券が配られました。この後搭乗手続きに移動します。

集合全体会

0

天体観測会を行いました

11/1は夕方の南西の空に土星、月、木星が並ぶ天体現象が起こります。絶好の晴れ間に恵まれたので、科学部の3年生がスタッフとなり、美術部、演劇部、書道部の部員達と天体観測会を行いました。

低倍率での観察でしたが、土星はくっきりと環が見えて、木星の筋模様や4大衛星も全部観察できました。

特に月齢4の月は横から光が当たって陰影がはっきりとして、天体望遠鏡を通して観たクリアな星像に生徒達はびっくりしていました。

0

【アウトドア部】全国高校選抜スポーツクライミング選手権出場決定!

  9月22日に行われた学総体登山の部(クライミング)東部地区新人大会(兼全国選抜大会県予選会)において、本校1年生の牧田君が男子で優勝、また、同じく3年生の村田さんが準優勝・2年生の橋本さんが第3位に入賞しました。

 この結果、3名は12月21日(土)・22日(日)に加須市民体育館クライミングウォールにて開催される、全国選抜大会個人戦及び団体戦への出場が決まりました。

0

AED講習会

 本日、終業式の午後から坂戸・鶴ヶ島消防本部の方をお呼びし、救急救命によるAED講習会を会議室で
行いました。部活動の部員30名超、教職員15名の参加により、心臓マッサージやAEDの使用等について
実際に体験しました。緊急時の的確な判断が重要であることを確認しました。
  

0

第1学期終業式及び離任の式

 本日、第1学期の終業式が体育館で行われました。校長講話のほか、生徒指導主任からは、「・遅刻の激減・SNSについて・自転車での加害」の話があり、進路指導主任からは、カエルの声の研究を引き合いに、「その時は分からないが、後々役に立ってくること」として、いろいろなアンテナを張って、充実した夏休みを過ごしてほしいとの話がありました。
 また、ALTのノア・リッチ先生が任期満了で日本を離れることになり、併せて離任の式を行いました。
ノア先生からは離任の挨拶で、生徒や我々教職員に向けて、とても心に響くお話をいただききました。紹介いたします。(以下pdf全文)ノア先生に心から感謝し、今後の御活躍を願っております。2年間ありがとうございました。
 生徒はこれから約1か月の夏季休業に入ります。事件・事故には十分注意し、自分自身を見つめ、飛躍する充実した夏を過ごしてほしいと思います。

 First, before I start, Iwant to apologize because my speech is very disorganized. I spent a long timetrying to collect my thoughts, and this is the best I could do. So, sorry, butyou have to bear with me.
・・・・
Farewell.pdf

 

  まずはじめに、このスピーチ(すぴーち)はとてもまとまりがないことを謝ります(あやまります)考え(かんがえ)をまとめるのに時間(じかん)をかけ、このスピーチ(すぴーち)作り上げました(つくりあげました)。なので、ぜひ我慢(がまん)して聞いて(きいて)ください。
・・・・
Farewell Japanese.pdf

  
  

0