華道部 活動報告

華道部

2018年度2学期


11月12日
雪冠杉、ペリカム、スプレーカーネーション、三又でクリスマスポットをつくりました。

 

11月5日
雪冠杉、デンファレ、ブルーファンタジーをさわやかに活けました。



10月22日
ひと足早いハロウィーンの活け込みです。エニシダ、リンドウ、ミニバラでジャックオーランタンの器を飾りました。活け込みのあとは恒例のハロウィーンパーティーでした。
  
10月15日
今日の花材は、黄色い枝カンガルッポー(カンガルーの前足)と白いトルコ桔梗でした。カンガルッポーの石化した枝先がユニークな味を出しています。

10月1日
オーストラリア・クィーンズランド交流事業の日本語指導教員受け入れ事業で来日した、ブリズベンの日本語教員のニコール・カッパ先生をお迎えしての稽古でした。花材は、ススキ、リンドウ、小菊。秋の雰囲気を表しました。
  
0

2018年度2学期

9月10日
2学期最初の稽古の花材はエニシダとカーネーション。エニシダの石化した葉先とカーネーションのオレンジ色が映えるように「かたむける形」で活けました。


9月1日、2日はやなぎ祭(文化祭)でした。1年生から3年生まで18名の生徒たちの作品と講師の先生の作品が会場を華やかに彩りました。
                    
8月2日は第1回関東地区・学生いけばな競技会が南青山で開催されました。
今年は参加校と参加人数が増えたため2日に分けて実施され45校247名が結集しました。 制限時間40分の中で与えられた花材(ニュウ―サイラン・ガーベラ・ポットスポルム}と向き合い創作活動に集中しました。
結果は準優秀賞に坂本莉子さん、佳作に篠田花音さんと勝田奏さんが選ばれました。 その他の生徒たちの作品もどれも力作で、井山先生からは「よく頑張りました。」とお褒めの言葉をいただきました。 みんなそれぞれにとって、とても良い経験になりました。

0

2018年1学期

7月のお稽古は関東地区・学生いけばな競技会に参加する2年生7名が7月20日と25日に被服室で行いました。 花材はニュウ―サイランとガーベラとソケイ(当日はピットスポルム)。まるで会館で生けているかのようにみんな真剣な表情で作品に取り組んでいました。



1学期第5回6月11日のお稽古の花材は、谷渡りとトルコ桔梗。
3年生はこの日を最後に引退となりました。各々が思い思いに谷渡りにデコレーションを施し、優しい色調のピンクのトルコ桔梗といっしょに作品に仕上げました。












しばらく部活動がなく何となく物足りない毎日でしたが、6月4日に1学期第4回目のおけいこが行われました。花材は丹頂アリアムとトルコ桔梗。鶴の如き曲線美の妙を楽しみながら取り組みました。

     

華道部2018年度の活動が始まりました。新入生4名(女子3名男子1名)を加えて、2年生9名、3年生6名の,総勢19名でのスタートとなりました。 報告が遅くなりましたが、3 月の卒業式と4月の入学式には、井山先生の御指導のもと、皆で協力して大作に取り組みました。

      
0

2017年度3学期

3学期のおけいこは祝い花:若松、千両、菊でスタート。
タマシダ、スイトピー、スターチース。
青文字、アルストメリア、スプレーストック。
雪柳、タマシダ、チューリップ。
最後は卒業式のお花で学期を締めくくりました。
 





0

2017年度2学期

2学期第1回の花材は、パンパスグラス、リンドウ、ワレモコウです。2回目は、お月見を意識して、ススキ、リンドウ、コギクです。
   
3回目は、ユーカリ、トルコキキョウ、リンドウ、スプレーカーネーションです。1年生と2年生で生け方を変えてみました。
  
ハローウィンの飾りは、ジャック・オー・ランタンの器を使いました。
 
2学期最後は、クリスマスリースを作りました。松ぼっくりは各自装飾したものを飾りました。
     

新学期第1回の花材はサンゴミズキ、カスミソウ、バラで華やかにスタート。2回目はスターチス、谷渡り、金魚草で涼味を加え、3回目はリアトリス、芍薬であでやかに。
1年生9名を迎え、総勢21名で活動しています。
  
0