科学部 活動報告

科学部

科学展県中央展にて「知事賞」を受賞 【日本学生科学賞(全国大会)出場が決定】

 10月27日より熊谷市にて行われた第69回埼玉県科学教育振興展覧会、第61回日本学生科学賞埼玉地区展覧会において、知事賞、優良賞を受賞しました。第61回日本学生科学賞(全国大会)に出場します。
◎知事賞 「Mg-Ca合金を用いたマグネシウム空気電池『ティーバックモデル』の開発と電池性能の評価」
◎優勝賞 「バイオ水素による燃料電池への活用に関する研究」

0

科学展西部地区展にて2作品が優秀賞を受賞 【5年連続の県大会出場が決定】

9月30日(土)、10月1日(日)に東洋大学川越キャンパスにおいて埼玉県科学教育振興展覧会西部地区展が行われ、坂戸高校科学部の2作品が優秀賞を受賞しました。10月27日(金)より熊谷市で行われる県中央展(県大会)に出場します。

◎優秀賞 「Mg-Ca合金を用いたマグネシウム空気電池『ティーバックモデル』の開発と電池性能の評価」
◎優秀賞 「バイオ水素による燃料電池への活用に関する研究」

0

第41回全国高等学校総合文化祭(みやぎ総文2017)に出場しました

 8月2日(水)~4日(金)に宮城県石巻市、仙台市で行われたみやぎ総文2017に埼玉県代表として科学部の生徒2名が出場しました。総文祭は、「文化部のインターハイ」とも呼ばれ、全国から約2万人の高校生が参加しました。
 1日目は、石巻専修大学において開会式とポスター発表(『マグネシウム空気電池の開発と電池性能の研究』)を行いました。1次審査、2次審査の他に、5時間連続でポスター発表を行いました。
 2日目は、2時間のポスター発表の後、午後からは巡検研修を行いました。仙台市内の地層、東北大学標本館の見学を行いました。
 3日目は、仙台国際センターにおいて記念講演と閉会式が行われました。

0

「科学部レクチャー」を実施しています

 科学部では、科学展などのコンテスト出品の他に、実験技術、プレゼン技術向上のために、「科学部レクチャー」を実施しています。グループ(1~3人)ごとに化学実験を考え、文献調査、予備実験、実験プリント作成を行い、その実験を他の科学部員にレクチャーします。今年度は、7月までに8回のレクチャーを実施しました。 

0

東京大学公開講座に参加しました

 6月3日(土)に東京大学安田講堂にて行われた第125回東京大学公開講座「爆発」に科学部2年生5名が参加しました。「ガス爆発と粉じん爆発」、「資産バブルと爆発」、「重力波で探る宇宙の大爆発」の3つの講義を受けました。

0