外国語科 日誌

外国語科 日誌

大東文化大学でスピーチコンテストが行われました

大東文化大学でスピーチコンテストが行われました。本校外国語科1年の池田美季さんが参加しました。池田さんは、紛争地域の子供たちの教育の必要性を訴え、高校生の部で最優秀賞を受賞しました。

授業風景

多言語指導員の先生をお迎えしてスペイン語・中国語の授業が行われました。フランス語・ドイツ語の授業には留学生が授業に参加しています。

English Seminar

17日、18日の1泊2日、国立女性会館でEnglish Seminarが行われました。
パキスタン、ロシア、アメリカ、イギリス、スペイン、各国のバックグラウンドを持つ講師のもと、小グループに分かれてTV番組を作る企画に挑戦しました。

川島ひばりが丘特別支援学校への出前授業

21日(火)本校ALTのJeremy(ジェレミー)とEmma(エマ)が埼玉県立川島ひばりが丘特別支援学校に招かれ、小学部・中学部・高等部で英語の授業をしました。児童・生徒たちは外国人のゲストを大歓迎、授業を楽しんでくれました。

2年異文化理解と3年時事英語のドッキング授業

16日(火)外国語科2年生:異文化理解と3年生:時事英語のドッキング授業に、大東文化大学国際関係学部 押川典昭教授をお招きし、「サッカーワールドカップから現代世界をみる」というタイトルで、3年生の発表と講演会が行われました。外国語科3年生の生徒は、ワールドカップのもたらす経済効果、社会に与えるメリット・デメリット、差別問題など様々な角度から問題に切り込み、グループごとに発表しました。発表を受けて、押川先生の講演を聞き、複雑化した世界の価値観を学びました。