校長だより

本校創立50周年を迎えて。

 

 【校長講話】     本校創立50周年を迎えて

「継 往 開 来」 ~託す50年、継ぐ50年~

 朝夕寒さが増します。中間考査も終了し体調管理はどうでしょうか。残念ながら創立50周年記念式典は新型コロナウィルス感染拡大防止のため中止となりましたので、これから本校創立50周年の経緯と今後の展望についてお話します。

 昨年度(令和2年度)本校は、創立50周年を迎えました。振り返れば、「地元坂戸町に県立高校を!」の熱い期待に応え1971年(昭和46年)4月1日に誕生をしました。開校当初は坂戸中学校敷地内にプレハブの仮校舎で教育活動が始まりました。その翌年、1972年4月(昭和47年度)に現在の上吉田地区(当時は片柳地区)に校舎が建てられ授業がスタートしました。私もその頃、勝呂小学校の4年生で新築された校舎を見た記憶が今でも蘇ります。

 当時、坂戸町内の東上線駅は坂戸町駅のみでした。電車通学の最寄り駅は下りが坂戸町駅、上りが高坂駅であり、そこから徒歩又は自転車で通学していたとのことです。保護者からも東武鉄道に対し東上線坂戸町駅高坂駅間に新駅開業の陳情運動もあったそうです。1973年(昭和48年)北坂戸団地の建設に伴い北坂戸駅の開業によって電車通学者の利便性が大いに向上しました。その後、地域とともに51年の歴史を重ね、卒業生も約1万8千人を超え社会の各分野で中心的な存在として活躍されています。

 目指す学校像で示すされるように、複数の文化部・運動部の全国大会出場、文化祭等の学校行事の取組み等生徒の皆さんは日頃より努力を積み上げています。、さらに外国語科の併置より英語を軸に第二外国語(独・仏・西・中)の学習も含め国際感覚豊かな人財になるよう取組んでいます。

 おわりに、創立50周年記念事業として同窓会よりご支援をいただき正門の整備を行いました。この正門は、生徒の高い志(進路実現)をかなえる扉であり、本校の今と未来を見守ってくれる存在です。「継往開来」、託す50年, そして今年は継ぐ50年の始まりの年です(正門脇に掲示)、在校生の皆さんは引き続き自分の持てる力を伸ばし、進路実現に向け頑張ってくだい。それは坂高発展の歴史に確かに刻み込まれることでしょう。