サッカー部 活動報告

活動報告(サッカー部)

2020・2021シーズン終了の報告

 

11月3日(水)のリーグ最終戦をもちまして、2020・2021シーズンは終了しました。

 

大会成績

 

○トーナメント:

 

県民総合スポーツ大会兼高等学校サッカー新人大会

支部2回戦敗退

 

学校総体兼全国高校総体埼玉県予選

支部代表決定戦敗退

 

全国高等学校サッカー選手権大会埼玉県大会

1次予選:

Kブロック代表(決勝トーナメント進出)

 

決勝トーナメント:

1回戦敗退

 

合計7戦4勝3敗

 

 

○高円宮杯 JFA U-18サッカーリーグ 2021西部支部リーグ:

 

トップチーム

2WA(2部):

14戦3勝7敗4分

8チーム中5位(来季2部リーグ残留)

※8チーム2回戦制

 

セカンドチーム

3WB(3部):

12戦8勝3敗1分

13チーム中3位

※13チーム1回戦制

 

 

今シーズン、公式戦および練習試合で対戦させて頂いたすべてのチームの選手・スタッフの皆様、また、大会関係者、会場運営役員、審判団の皆様、本当にありがとうございました。

トーナメントでは、大会毎にチームの課題が整理、改善され、最後の大会では県大会に進出することができました。また、リーグ戦ではトップ、セカンドの2チームで参加させて頂き、それぞれで貴重な経験をさせて頂きました。トーナメントでは県大会ベスト16進出、リーグ戦ではそれぞれリーグ昇格を目指して臨みましたが、両方とも、目標には到達できませんでした。来シーズンに向けて課題と収穫を省みて、トレーニングに励みたいと思います。

 

11月3日(水)の最終戦をもって、現3年生は活動を終了しました。選手権決勝トーナメントが終了した後も、誰一人欠けることなく、リーグ戦を最後までやり抜いた3年生は立派でした。中でも、試合の出場機会が少ない選手の頑張りを讃えたいです。

本校サッカー部のテーマは「最高の戦術は友情」です。

そして、最も尊い目標として掲げているのは、「最後まで続けること」です。

この姿勢を大事にしてきました。

それは勝敗や出場を超えた先で、「自分に勝つこと」だからだと信じてきました。

それを体現し、矜持を示してくれた23名の選手・マネージャーに感謝しています。

 

3年生はこれから、卒業後の進路に向かって活動していきます。

優先順位が変わるだけであり、目標に向かって頑張ることに何も変わりはありません。

スポーツ活動にとっては、厳しい社会情勢の中、限られた時間の中で、高校サッカーに打ち込んだことで獲得した「力」を信じて、目標の実現に向かってチャレンジしてくれると

確信しています。

 

最後になりますが、3年生の保護者の皆様、サッカー部の活動へのご理解とご協力に、スタッフ一同、感謝申し上げます。お蔭様で、選手・マネージャーは、始まりから終わりまで、高校サッカーライフを送ることができました。ご家庭のご支援があってこその、2年半の活動です。本当にありがとうございました。

 

 

11月3日(水)U-182WAリーグ最終戦にて