サッカー部 活動報告

活動報告(サッカー部)

「2021・2022年チーム所信表明」

新チームのキャプテン・副キャプテンから、今シーズンに向けての所信表明を発表します。

 

 2年:福田堅太(クラブ・キャプテン)

「チームとしても個人としても成長できるようなクラブにしていきたいです。また、部員全員が本気になって目標を達成できるように、今後の活動に励んで行きたいです」

 

2年:中里 翔(チーム・キャプテン)

「今年のチームテーマは「勝利」です。チームの勝利に貢献できるように精一杯、頑張ります」

 

2年:吉田 陽(副キャプテン)

「坂戸高校サッカー部の意地と根性で、毎日の練習に集中して取り組み、毎試合、全力で立ち向かいます。先輩たちの意思を継いで、勝利を勝ち取り、過去の大会結果を上回ります」

 

2年:川崎大翔(副キャプテン)

「今までよりも、お互いが気づかいできる関係性を構築するため、自分自身が率先して意識を変えていきます。そして完成度の高いチームになるために頑張ります」

 

1年:栗原大和(副キャプテン・1年リーダー)

「高校サッカーをできるのは、限られた時間しかない。日々のトレーニングを本気でやり、

選手権県大会ベスト16を目標に頑張ります」

 

1年:松本 晴斗(副キャプテン・1年リーダー)

「公式戦も練習試合も勝ちにこだわります。全員で守備をして、全員で攻撃することを目指し、自分たちの強みで戦えるように練習します。そして、たとえ負けても「負けた」という後悔以外は残さないプレイを心掛けます」

 

1年:井上 爽介(副キャプテン・1年リーダー)

「チームを鼓舞するような存在になるため、自分の実力を伸ばしたい。そして、練習の質を高め、選手権県大会ベスト16に進出するため精進します」

 

 それぞれの所信表明の実現を目指し、クラブ・チームの中心として活動することに期待しています。

今後も、選手たちの健闘にあたたかい応援をよろしくお願い致します。

















力強い所信表明をしてくれた7人のキャプテン・副キャプテンです。

実力だけでなく、振る舞いや部活動・学校生活への姿勢でも、

部員の良き手本となるべく、努力を続けています。