男子ソフトテニス部 活動報告

令和4年度活動報告(6月11日)

 6月11日(土)に、埼玉県学校総合体育大会兼全国高校総体ソフトテニス競技県予選会の男子個人戦の部が熊谷さくら運動公園にて行われました。坂戸高校からは学校枠として3年生の田島・齋藤ペアが出場しました。この学校総合体育大会は、学校同士の戦いという意味合いがあるので、今までの大会結果に関係なく「学校枠」という枠が各校に1つずつ割り振られます。つまり、学校枠で出場するということは、その学校の代表として出場するということになります。本校は、この1ペアを校内の番手戦を経て決定しました。

 大会の結果は惜しくも初戦敗退でしたが、最後までプレーヤーとして戦い抜いた田島・齋藤と、この試合には出場しなくても仲間を応援してくれた3年生の姿は、試合の勝敗よりも賞賛に値するものだったと思います。そして、ここまで部員を引っ張ってきてくれた3年生の背中を見て、新体制を担う1、2年生に期待しています。