男子ソフトテニス部 活動報告

2022年8月の記事一覧

令和4年度活動報告(8月22日)

 昨日21日(日)は西部リーグに参加しました。西部リーグは、西部地区の学校が集まり、1部~7部(各部4校)に分かれ団体戦形式で行う大会です。夏季休業中と春季休業中に1回ずつ開催をします。ここ数年はコロナ感染症拡大の関係で開催を見合わせていましたが、この夏から再開することができました。

 坂戸高校が位置している6部の他の学校は、新座柳瀬高校、狭山経済高校、川越総合高校でした。坂戸高校はリーグ戦で3校中2位となり、その後川越総合高校と6部残留をかけた戦いに進みました。結果は③-0で坂戸高校が勝利しました。残念ながら5部昇格とはなりませんでしたが、6部に残留することができました。次の春季大会で5部昇格を目指します。

 約1か月ぶりに団体戦をしたということもあり、独特の雰囲気に緊張して、初戦はプレーも思うようにいかない様子でした。その後はペアと話したり、応援メンバーと積極的にアドバイスをし合ったりし、いつも通りのプレーが見られるようになりました。チームで戦う大切さを改めて感じました。

 これから大会等の報告が増えるかと思います。今後も応援よろしくお願いします。

0