運動部
運動部は「文武両道」「自主自立」の精神のもと、生徒が主体的に活動しています。
多くの部が県大会に進出しており、さらに高い目標に向かって日々切磋琢磨しています。
坂戸高校の放課後は、グラウンドや体育館等から熱心に練習に励む運動部員の大きな声が響いてきます。
 
文化部
高校総合文化祭、コンクール、演奏会、ボランティアなど、それぞれの部が目標に向かって活発に活動しています。
やなぎ祭(文化祭)では、日頃の成果を発表していますので、ぜひご覧ください。
 
学校部活動に係る活動方針(令和6年4月)

埼玉県立坂戸高等学校 学校部活動に係る活動方針(令和6年4月)

活動の基本方針

(1) 学習活動と部活動を両立させ、充実した学校生活の実践を図る。

(2) 計画的で効果的な活動の実践をとおして、生徒の心身の健康の増進を図る。

(3) 「自分で考えて、自分で判断し行動できる自主自立の人間形成」と「これからの社会を生き抜ける人材の育成」を図る。

1 指導体制の整備について

(1) 顧問は活動方針、年間・月間の活動計画及び活動実績記録簿を作成し、管理職に提出する。

(2) 作成した各種計画については、部活動保護者会または文書によって、該当する部活動の生徒及び保護者に公表する。

(3) 管理職は部活動の視察を適宜実施し、必要に応じて顧問等との面談を実施する。

(4) 複数顧問制による指導体制を整える。

(5) 外部指導者について積極的に活用し、専門的な指導を生徒に提供する。

2 具体的な活動の進め方について

(1) 顧問は使用する施設や設備・用具を定期的に点検し、事故防止に努める。

(2) 顧問は生徒と日常のコミュニケーションをとり、生徒の心身の健康状態の把握に努める。

(3) 体罰やハラスメントの根絶を目的とした、管理職等による職員研修を実施する。

(4) 部活動顧問会が中心となり、定期的な情報交換及び顧問間での相互観察を行う。

(5) 生徒間のいじめやトラブル等の防止のため、顧問、担任、養護教諭等の連携を図る。

(6) 保健環境部が中心となり、教職員が参加する心肺蘇生法やAED使用の講習会等を実施する。

(7) 顧問は効果的で安全な練習メニューを作成し、生徒が自主的かつ自発的に活動できるように工夫する。また、管理職は校内研修の開催や校外で実施される研修会・講習会等への積極的な参加を推進する。

(8) 部活動費用(部費など)を徴収する際は、管理職の指導の下、通知等により保護者の理解を得るとともに、会計報告を行うなど適正な処理を実施する。

3 適切な休養日等の設定について

(1) 原則として週2日以上(平日1日以上かつ土日いずれか1日以上)の休養日を設ける。大会・コンクール等の前、大会・コンクール等への参加により、この基準によりがたい場合は、休養日を他の日に振り替える等、年間を通じて104日以上の休養日を確保するよう努める。

(2) 定期考査1週間前及び定期考査期間中(最終日を除く)の部活動は原則として停止し、進路実現に向けた学習時間の確保に努める。練習時間の倍以上の考査学習を実施する場合は原則から除外し、管理職の許可を得て実施する。

(3) 活動時間は準備時間やウォーミングアップ、クールダウンの時間を除き、平日は2時間程度、休業日は3時間程度とし、午後7時を下校時刻とする。競技等の特性や活動場所の調整等により、この基準によりがたい場合は、顧問の管理下において午後7時30分を完全下校時刻とする。

(4) 長期休業中は、(1)の休養日の設定に準じるとともに、連続する3日以上の休養期間を設ける。

(5) 管理職は参加する大会・コンクール等を適切な時期や回数になるよう精査し、生徒やその保護者及び顧問の負担軽減を図る。

(6) 熱中症事故の防止

 ※ 気象庁が発表する情報等に十分留意し、気温・湿度などの環境条件に配慮し活動する。

 ※ 活動前、活動中、終了後にこまめに水分や塩分を補給し、休憩を取るとともに、健康観察など健康管理を徹底させる。

 ※ 熱中症の疑いのある症状がみられた場合には、早期に水分・塩分補給、体温の冷却、医療機関への搬送等、適切な応急手当等を実施する。

 

《 埼玉県の学校部活動について(リーフレット)》